プチゴミ屋敷の事例 - 遺品整理の神戸トータルサポートは、神戸、姫路、芦屋、明石など兵庫県全域で遺品整理・不用品回収・ゴミ屋敷片付けなどを承っております。

【新型コロナウイルス対策実施】
新型コロナウイルス対策のため、 お客様宅訪問時のアルコール手指消毒とマスクの着用、トラックのアルコール消毒を徹底しております。
また勤務時にスタッフの体温チェックを行っております。
 
トップページ>ご利用事例>プチゴミ屋敷の事例

プチゴミ屋敷の事例

2018年03月28日

今回は、プチゴミ屋敷の事例でございます。
お父様が、趣味の天体観測のために建てた山間の小住宅を、知人の
紹介で貸したところ、連絡が取れなくなってしまったとのことです。
見積もりに伺ったスタッフの話ですと、汚部屋を通り越したプチゴ
ミ屋敷状態とのことでした。
ゴミの回収車が巡回する地域ではなく、ポツン一軒家です。
5年ほど住んでおられたそうですが、二間あるうちの小さい方の3畳
のお部屋が完全にゴミ置き場と化していました。
日常の生活ゴミの山です。
買い出しは苦にならないようですが、ゴミ出しは苦手なようです。
住み始めた頃に、ゴミ出しのトラブルでもあったのでしょうか、5年
前のスポーツ新聞が最下段から見つかりました。
生活ゴミを通して5年間の人生の縮図を見るような作業でした。
しかし、このままあと数年ゴミを放置したら、最悪メタンガスが発
生して火事という事態もなきにしもあらずです。
空き家、ゴミ屋敷、失踪と社会問題の凝縮された事例でございまし
たが、当の住人はいたって静かに、平穏な暮らしぶりが覗えました。
空き家、ゴミ屋敷、汚部屋、不用品処分等で、お悩みのみなさま、
お気軽に神戸トータルサポートにご相談ください。
まずは、下記フリーダイヤルまで、ご連絡ください。

PAGETOP↑